読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKROKOSMOS DIARY

つれづれなるままかのままにっき

「本屋の森のあかり」

 KCkissコミックス 全12巻「本屋の森のあかり」です。

書店員さんたちの大人の恋のお話です。

なんか大人の恋のお話って言ったらR-18ですか!?

って感じだけど、そんなことはないです。

むしろイライラするくらいプラトニックです。

KCkissコミックスだけどキスすら一度もありません。

 

主人公のあかりさんは愛知で書店員をしていて

入社三年目に本店に移動になる。

そこで副店長の寺山杜三さんと出逢う。

この寺山さんがかなり変わってて

壮絶な読書家で、月に300冊読破するという

仕事もできるし人が嫌いとかではないけれど

極力読書に時間を割きたい人で、

恋愛とはかけ離れたところで生きている。

それでもあかりの仕事ぶりやひととなりを見て

次第に好意的にはなっていくんだけど

『すきだ―』みたいなところには程遠く。

 

たまにはこんなゆっくりなラブストーリーも

いいんじゃないでしょうか・・・

本屋の森のあかり(12)<完> (KC KISS)

本屋の森のあかり(12)<完> (KC KISS)

 

 いやしかし、絵が変わりすぎー。

3巻くらいの頃と12巻で、あかりさん

ほとんど別人・・・

f:id:kanomama:20150909154156p:plain